Ender-3 Pro 防振対策 その3

3Dプリンタ

今回はX軸とY軸のモータにダンパーを取り付けてみました。
購入したダンパーはこちらの物です。


X軸

QRコードを剥がしてカバー(リミットスイッチ)を外します。

ベルトを緩めてモーターを外します。

プーリが圧接されているのでモーターの軸を叩くかプーリ抜きでダンパーの高さ分移動させます。
すごく脆いので注意してください。
失敗して割れてしまいました…

こういった固定できる部分が多いプーリ抜きだと失敗し難いかもしれません。

OK模型 Tahmazo ユニバーサルピニオン抜き 48637
OK模型 Tahmazo ユニバーサルピニオン抜き 48637

失敗した場合はGT2 20歯 穴径5mmのプーリを取り付けます。

Amazon | (5個) 20歯 穴径:5mm同期タイミングベルトプーリー+1個六角レンチ, 6mm幅3Dプリンタタイミングベルトに適しています, LINGLONG | 産業・研究開発用品 | Amazon.co.jpホーム 通販
(5個) 20歯 穴径:5mm同期タイミングベルトプーリー+1個六角レンチ, 6mm幅3Dプリンタタイミングベルトに適しています, LINGLONGが産業・研究開発用品ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

モーターを固定してベルトとプーリの位置を合わせてベルトを張り、なめらかに動く位置でプーリのイモネジを締め込みます。このモーター軸はDカットがないのでキツめに!

カバー(リミットスイッチ)を取り付けてQRコードを貼り直して完成。


Y軸

ベルトを緩めてモーターを外します。

X軸と同じようにダンパーの高さ分、プーリをずらすのですがまた失敗してしまいました。脆すぎるよ…

モーター取付ブラケットとフレームの間に2~3枚ワッシャを入れます。
Y軸のリミットスイッチも少し手前方向へずらします。
これはベット高さ調整ノブがモーターに干渉する為です。

モーターを固定してベルトとプーリの位置を合わせてベルトを張り、なめらかに動く位置でプーリのイモネジを締め込みます。このモーター軸もDカットがないのでキツめに!

これでX軸、Y軸、E軸のモーターダンパー取付が完了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました